英語が苦手な人のための大人のフォニックス

なぜ英語が苦手になり、そして勉強しようとしても続かないのか、

そして大人がフォニックスなどの発音を学ぶことで、苦手意識を克服して楽しく話せるようになったらすばらしいな、

ということをお話ししたいと思います。

 

私自身、英語の音とリズムが好きで、映画や洋楽は楽しんできました。

でも、どうしても、文法とかテキストに向かうと、飽きてしまったんです。

「こんなことやって、何になるの?」って。

映画を見たって、聞こえるようにはなってない。

話す機会だって、ないじゃない!

受験勉強で仕方なく勉強しても、正解が増えてうれしい、というよりも、

「とにかく受験勉強を終わらせて、大学に入って、はやく英語が話せるような勉強をはじめたい!」

なんて、本気で矛盾?ともとれることを思っていました。

やりたいことをやるために先に我慢?

要は、勉強を始めるための、一次審査?みたいに感じていて。

それまで第一志望だった大学は、3年進級時にはじめて英文科に分かれる、と知り、

2年生から英文科の授業が始まる学校に、あわてて変更したりもしました。

やっぱり、人はやらされてる感が強いと、反発したくなる生き物なのでしょう。

一度つまらない、と思うとなかなか持続できません。

間違えてはいけないというプレッシャー

私たちの時代は、実際に英語を使ってコミュニケーションする機会がなかった。

必要にせまられてないから、英語を勉強する意味がわからなかった、

さらに、間違いが許されなかった。

複数形のSをつけ忘れるだけで、

スペルを間違えただけで、大きなバッテンがつく。

それが苦手意識を生んだのでしょう。

 

間違ったら自信崩壊、やる気もなくなる。

 

あー、もったいなかったなー。

間違えて覚える

何事も、はじめから上手にできる人なんていないと思うんです。

間違えながら、なんとか伝える。

そして、通じた時の喜びと言ったら!!

アメリカ横断での体験

大学時代に、夏休みの3ヶ月丸々アメリカ大陸を横断させてもらったことがあるのですが、

そこでの一期一会の経験は、本当に人生の宝物です。

グレイハウンドという高速バスに乗り、ホストファミリーの待つバスディーポ(バスターミナル)に行き、2、3日過ごしてまた次のお宅へ。

皆さん、ボランティアの家庭です。

毎日のように自己紹介をし、その土地のことを知り、家族として過ごす。

時には、アメリカの大学の学費も出すから、本気で養女にならないかと持ちかけられた事も!笑

 

ロサンゼルスで大学の仲間160人と別れ、数人のグループでそれぞれの設定した道を行き、最後にニューヨークで集合して帰国です。

この旅を通して学んだことは数え切れないのですが、

  • 基本的に人間なんてみんな一緒。
  • みんな優しい。
  • 勇気を出してコミュニケーションすることで、今までの殻を破れる!
  • 毎日自分が成長し、そんな自分が好きになれる!
  • 一生懸命伝えようとする気持ちが一番大事!!!

ということ。

それこそ、世界の果てまでいってQの出川氏ばりに、とにかくなりふり構わず伝えていました。

「なんだ、私も結構やれるじゃん!!」

 

これが一番の収穫かな?

 

いろいろあったから伝えられること

そんな経験も踏まえて。

今年は、英語に苦手意識を持っている方に、

もっと楽しんでいただきたいなー、と思って

大人向けの英語講座を考えています。

今日は、今から「大人のフォニックス体験会」です

もう、楽しみ〜〜♫

4月から月一ペースぐらいで、講座をやっていこうと思っています。お楽しみに♫

Follow me!

    関連記事

    1. 講座の予告画像

      英語の発音をアブクド読みで学ぶ、大人のフォニックスやりまーす

    2. 夕暮れの子供たちの写真

      どうして今、フォニックスなのか?

    3. 大人のフォニックス体験会を開催しました!2019.02.25

    4. 水戸フォニックス体験会

      第二回大人のフォニックス体験会