風船と男の子

今日は、小4の次男をやっとのことで病院に連れてきた、

発達検査でのことをお話しします。

 

気がのらない息子に、

「何が得意で何が困っているか、確認する検査なんだって。」

「ママだけでは、どうしてもあなたの辛さを軽くしてあげられないから、

一緒に来てくれないかな?」

と言って、当日を迎えました。

 

それまでの経過はこちらをどうぞ。

 

苦節1年。やっとの思いでここまで来たと、感慨深く案内された部屋に入りました。

 

そこには、臨床心理士の女性の方がお1人。

 

息子がその方の前に向き合う形で座り、私は、息子の斜め後方に座りました。

今から、検査の内容を説明してくださるとのことでした。

バラの花

 

「ああ、やっと、何らかの進展があるかも」と、

きっとその時の私はうっすら微笑みすら浮かべていたことでしょう。

 

心理士の方が息子に、「今から、ちょっとしたテストをするんだけども。

何に困っているとか、何がつらいとかありますか?」

 

と尋ねます。

 

息子は、黙って振り返り、首をかしげながら怪訝な顔で私の顔を見ます。

嫌な予感が走ります。(;^ω^)

 

心理士の方が再び、

「君は、何か困っていることがあるから、この病院に来たと思うんだけど…。」

と再び問います。

 

 

すると息子、心理士の方に向かって、

 

「僕は何も困っていません。」

(一呼吸置いて)

 

「困っているのは、お母さんです!」

 

そう言って、私を振り返りました。

雪景色

。。。

 

一瞬、何が起こったのかわかりませんでした。

 

「何を言っているの?」

きっと、私はハトが豆鉄砲をくらったような(+o+)、

そんな顔をしていたと思います。

 

 

その後、息子は「検査は受けません。受けたくないです。」

と、きっぱりと言い放ちました。

 

そして、私の顔を再び振り返って、「帰ります!」と言ったのです。

その後、心理士さんともお話しして、その日は検査を受けずに

私の心理相談の予約だけ入れて帰ることになったのです。

 

 

ああ、まさか、こんなことになるなんて。

 

言葉を失ってうなだれる私に、息子は何を感じたのか。

帰りの車の中は終始無言でした。

 

(まぁ、しょうがない。こんなに嫌がっているし。。。

そのうち、なにかのタイミングで進むこともあるさ、と)

 

その日は精神的にもつかれたので、早く休みました。

数日後、初めて私だけで病院に心理相談に伺いました。

 

そこでお話ししたのは、今まで息子がどういう経緯をたどってきたか。

生まれてからのこと、乳幼児期のこと、

幼稚園の頃のこと、小学校に入ってからのこと、

学校に行けなくなったころのこと。

いろいろとお話ししました。

 

そして、今まで誰にも話せなかった辛さが堰を切ったようにあふれてきて、

号泣してしまいました。

すると、心理士さんが一言、言ったのです。

 

「お母さん、お一人でお辛かったですね。もしかしたら、息子さんがお母さんのことを、

この病院につないでくれたのかもしれないですね。」

 

ますます涙があふれて、止まりませんでした。

そうか、そうなの?

いや、そうなのだ、と。

一番つらくて苦しんでいたのはわたしだったのか!と。

驚きました。

これから少しずついろいろお話しして、先が見えるといいな、

泣くことで、感情を出すことができて良かった。

 

少しすっきりして、その日は就寝しました。

 

 

翌日のことです。

 

早朝4時頃に、物音と気配で目を覚ましました。すると、

 

え?

え?

何?まぼろし?

\(◎o◎)/!

 

目の前に制服に着替え、ランドセルを背負った次男が

目の前に立っていました。

 

なんなのーーーーーー????

本当に、びっくりしました。

 

ほぼ一年ぶりに、登校の準備を一人でしたと言うのです。

夜中に起きて、一人ですべて用意して、

必要なもの(教科書一式、体操服から、給食着、上履きまで)を用意し、

1人ですっかり着替えまでして。

 

私の前に立っている!!!

驚く私に、

「ママ、今日は学校行くよ。でも、久しぶりだから車で送ってくれる?」

 

と、笑顔で言うのです。

 

こんな奇跡のような日が来るとは思ってもいなかった。

「うんうん、もちろんだよ。まずは朝ごはん食べようね」と

言い終わる頃には、涙があふれて止まりませんでした。

 

rainbow

 

その日は、朝の会から久しぶりに登校することができ、

私も教室の片隅に座らせてもらって、二時間だけですが教室で過ごしました。

 

友達が変わらず駆け寄ってきてくれて、「ひさしぶり」「元気だった?」

などと、まるで夏休み明けのように接してくれていました。

 

ああ、やっと、やっとこの子の日常が戻りそうだ…。

 

行動したことで何かが進んだのかもしれない。

今まで頑張ってきて良かった。。。

今日から少しずつ、学校に慣れていけたらいいな。

溢れる涙をぬぐいながら、ひと時の幸せをかみしめていました。

 

 

それから数日後、突然新型コロナの影響で

休校になるとは、思ってもいませんでしたが…。

(つづく)

Follow me!

    スポンサーリンク
    お知らせ

    HSPさん向け起業支援コース

    募集中はじめの一歩:起業準備講座

    はじめの一歩。3か月オンライン起業準備講座1期募集開始はじめの一歩バナー

    0期(2021年3月12日~6月12日)は、募集即日に満席をいただきましてありがとうございます。

    お待たせしました!1期募集スタートしました:募集中です。

    募集終了がんばらずに販売促進【起業実践コース】

    いよいよ跳ねます!3か月オンライン起業実践講座0期募集終了

    いよいよ跳ねます

    起業準備講座の続編、

    商品がすでにある方向け、

    ゆるっと販売促進・売り上げアップするための【起業実践コース】は、

      2021年6月~10月

    まで開催します(起業実践コース:0期)

    もっとも簡単で、かつ効果があるWebサイトや集客の仕組みづくりをします。

    *jimdoやリザーブストックなどから、みなさまのご希望に合わせて選択・フォローします。

    ⇒ 本格的なサイト構築は、Webコンサルメニューをご覧ください。

    2012年2月12日 HSPを知るための勉強会の様子が
    朝日新聞茨城県版に掲載されました

    やすまり@おてての手、ほぐし処楽や さんと、
    昨年末からはじめた
    HSP/HSCさんを知ってもらうための
    セミナー・お茶会の様子が
    朝日新聞に掲載されました!記者さんには、2時間のセミナーもまるまる受講してくださった上に、
    長時間丁寧に取材していただき、ありがたく思いました。また、「当事者だけのコメントでは説得力に欠けるので
    専門家の先生にもお話をいただけたら嬉しい♡(はぁと)」
    とお伝えしたら、真生会富山病院の明橋大二先生(診療内科)にまで
    取材いただけていました。うれしすぎます。メディアに取り上げていただけることで、草の根的に
    続けている活動も、ますます広がりを見せると思います。HSP/HSCを知ることは、きっかけにすぎません。
    ただ、HSP/HSCを知ったあとに広がる世界の大きさは
    計り知れないものがあります。HSPであることや、気質に向き合うことに気づいた私たちが
    まだ過去の常識や思い込みにしばられている人たちに
    広い世界に出るきっかけを伝えられたら、もっともっと自由で幸せな世界が広がるんじゃないかと、思うのです。どんどん拡がれーーー!!!

     

    HSPコミュニティ「みんなDOES」無料会員募集中!

    おてての手、主宰の「やすまり」さんと

    Facebookグループ「みんなDOES」でライブ配信、情報の共有をしています。

    とっても明るい場です。

    HSPさん同士、HSCちゃんを子育て中のお母さん・お父さん同士が安心して交流できる場にします。よろければ、ご登録くださいねー。

    みんなDOES参加希望

    リクエスト開催します

    ★私の町でもお茶会をしてほしい!

    ★この時間帯なら参加できるのに!

    ★まだ外出は怖い&遠いからオンラインで開催してほしい!

    など、リクエストがありましたら、お気軽にお問合せくださいね。

    HSPってなぁに?お気楽お茶会

    茨城県ひたちなか市内または、オンラインにて、随時(毎月1回程度)開催。

    HSPについて、ちょっと知りたい方、お話しませんか?

    講座ではなく、気楽にお話しできる場所です。

    所要時間90分程度。

     

    HSPについてもっと知りたい。シェア会

    茨城県ひたちなか市内または、オンラインにて、随時(毎月1回程度)開催。

    HSPとは?HSCとは?について、講座形式でお話しします。

    知識と体験談、豊富な事例をご用意してお伝えします。

     

    所要時間120分程度。

    HSPの自分を知り、トリセツを作る。:HSPワンデーセミナー

    2021年1月~:リクエスト開催

     

    個別セッション

    随時受付中。

    • HSPさんのためのお仕事なんでも相談室
    • パソコン・Web周りのご相談
    • 経営者のための作戦会議
    • 起業なんでも相談室

    それぞれ、対面(主に茨城県内)またはZoomオンラインにて対応します。

    Zoomオンラインであれば、全国各地(全世界からでも笑)からご利用可能です。

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事