ストレスを軽くする方法

悲しみの毛布にくるまって、

動けなかった、

若き日の自分へ。

ストレスを軽くする方法を教えよう。

なんとなくモヤモヤと

嫌な気持ちが生まれたら

どうするか。

あの人のあの言葉、あの態度。

気づかないふりをして

見て見ぬフリをすると、

そのうち、その気持ちごと。

空気と一緒に飲み込んでしまう。

 

すると、

どんどん重たくなって

お腹の下の方に溜まっていく。

 

忘れたつもりでも。

やがて沈殿して、コールタールのように

真っ黒で粘っこくて

なんとなく重たいものを

いつもお腹の中に抱え込む。

それがストレスなのかも、

と思う。

それならば、

「あ、今、なんとなく嫌な気分になった。」

「ストレスが生まれたなぁ」、

という時には、

面倒がらずに

手にとって。

ちょっと隠れそうになっても

捕まえて、取り出して

じっくりと眺める。

ただ、ながめる。

そこに判断は入れずに。

「あー、私は今、嫌な気持ちなんだなぁ。」

そもそもなんで嫌だって思うのかなぁ?」

 

っと、ただただ、自分の気持ちだけを感じてみて。

世間の、こうしなければならないとか。

ポジティブでいなきゃとか。

そんな雑音はほおっておいて。

 

ただ、自分の本心と向き合うの。

 

あせらなくていい。ゆっくりと。

 

そうすると、

「そっかー、これが嫌だったのねー。」

ってところまでじっくり自分の気持ちに付き合うと

 

 

あれあれ?

大抵のものは、

「あー、そうだったんだー、」

と水蒸気のように空の上に消えていく。

一旦捕まえ損ねた場合も大丈夫。

  • 「言葉にして出す」
  • 「紙に書く」
  • 「思い切り歌う」
  • 「大声で泣く」

とにかく出す。

気づいたら、すぐに。

そうすると、

不思議だねー。

なんだか少し、軽くなったような。

なんだか少し、楽になる。

余計なものは、

入れない、溜めない。

 

食べ物やモノといっしょだねー。

それでもつい、溜めてしまうのが

人間なのだけど。

 

溜まったら出せばいいだけ。

簡単じゃん。

動けなくなる、その前に。

 

 

それから、いつもくるまっている、

その悲しみの毛布は、

手放しても平気だよ。

少しでもいい気になってしまうと、

後で失望した時がこわいから、と。

いつも悲しい気持ちでいる必要は

ないんだよ。

あなたは、そのままで愛される存在なのだから。世間は、あなたが与えた愛を何倍にも返してくれる、あったかいところだよ。

Follow me!

関連記事

  1. エンジニアを辞めて茨城移住

  2. ランチ交流会を開催します

  3. 私の夢が世界平和の理由

  4. lenar'd wagon car

    ハワイ名物マラサダドーナツ

  5. 開運アドバイスいただき中

    小顔マジックと開運パワーストーン鑑定

  6. ちゃんとすること

  7. 心のこもった手仕事

  8. エイの写真

    茨城県の水族館アクアワールド大洗2019