音楽をはじめたきっかけ
38th-flyer

第38回定期演奏会

突然ですが、皆さんの趣味は何ですか?

 

今日は私が趣味でずっと続けている、音楽について。はじめたきっかけを書きました。

子供の頃の感覚は、ほぼ変わらないのかも?という話。

 

今は地元のオーケストラでクラリネットを演奏しています。

私にとって音楽は、もはや、切り離せない自分の一部のようなもの。例えるなら空気か血液かな?

ファミリーコンサート

ファミリーコンサート

そもそもは、生まれたのが静岡県浜松市。

楽器で有名な、ヤマハがあるまちです。

幼稚園でもピアニカが盛んで。楽しくて、家でもずっと吹いていて、かなりはた迷惑(>_<)

 

でも、そのおかげで、

小学校に入るまでには、何かの鍵盤楽器を習うことは、ごく自然なことでした。

 

ピアノ、エレクトーン、オルガン。

 

どれにする?

この中から、わたしが選んだのは、

エレクトーン。

 

理由は2つ。

 

1つ目は、

ほとんどの友達がピアノだったので、人と違うことがやりたかった。(あまのじゃく?)

2つ目は、

今でもあるのかな?子供が自分で作曲した曲をエレクトーンで演奏する、という演奏会があって、それを聴きに行き

いたく感動したからなのです。当時幼稚園児でしたので、多分4歳か5歳。

(今でもエレクトーンコンクールとかフェスティバルとして存在するようです)

まずは、ビジュアル。

ボディやキーやペダルが透明と白でできた近未来的なエレクトーンが、

暗い舞台の真ん中に、青い光を浴びて置いてあり。

(それだけで、もう女子、やられてます)

そこで演奏する、お兄さんお姉さん(小学生)が、一人で繰り出すオーケストラのような重厚な宇宙に、一発でやられてしまいました。

 

『すごい!カッコいい!』

漆黒の宇宙に浮かぶ、キラキラ輝く宇宙船のよう。

エレクトーンって、普通の電子音だけでなく、

管楽器はもちろん、弦楽器や打楽器の音も出せるのです。

 

今思えば、あのとき感じた「 宇宙を表現する」、という世界観を

今までずっと追い求めて来たんだと思います。

大げさだなー(爆)

 

でもまぁ、それだけ衝撃があったわけです。

(いいの、そういうことにしといて)

 

で、なんやかんやで今に続いている、と。

(なんやかんや部分はそのうちに笑)

 

自分がそんな経験をしたので、子供たちにも何か感じて欲しくて

 

夫に、子供たちを毎年オーケストラの定期演奏会には連れてきてもらってます。

 

しかし!

全く興味はないようで。ちーん。着くなり、客席で寝に入るそうです(*_*)

信じられなーい。泣

 

いつか、良さに気づくことはあるのか?ないだろうな、と思いながらも。

 

母親は、いつも真剣に遊んでいたな、と覚えててもらえればいいかと。

(もはや、人生語りはじめたのでこの辺にしときます)

 

きっかけは、やはりその人の魂が揺さぶられたときにおこるものかも。

または、意識しないうちにあたり前のようにはじめていること。

今からでも、何か素敵なものに出会ったら、そのタイミングがはじめ時なのかもしれませんね。

 

80歳からプログラミングをはじめて、携帯用のアプリを開発している若宮正子さん。

Appleからもその才能を認められています。

 

90歳のアマチュア自撮り写真家の西本喜美子さんからも、溢れるほどの愛と元気をいただきます!

みなさん、今日が人生で一番若い日ですもの。わくわくで行きましょう!

Follow me!

    スポンサーリンク
    お知らせ

    HSPさん向け起業支援コース

    募集中はじめの一歩:起業準備講座

    はじめの一歩。3か月オンライン起業準備講座1期募集開始はじめの一歩バナー

    0期(2021年3月12日~6月12日)は、募集即日に満席をいただきましてありがとうございます。

    お待たせしました!1期募集スタートしました:募集中です。

    募集終了がんばらずに販売促進【起業実践コース】

    いよいよ跳ねます!3か月オンライン起業実践講座0期募集終了

    いよいよ跳ねます

    起業準備講座の続編、

    商品がすでにある方向け、

    ゆるっと販売促進・売り上げアップするための【起業実践コース】は、

      2021年6月~10月

    まで開催します(起業実践コース:0期)

    もっとも簡単で、かつ効果があるWebサイトや集客の仕組みづくりをします。

    *jimdoやリザーブストックなどから、みなさまのご希望に合わせて選択・フォローします。

    ⇒ 本格的なサイト構築は、Webコンサルメニューをご覧ください。

    2012年2月12日 HSPを知るための勉強会の様子が
    朝日新聞茨城県版に掲載されました

    やすまり@おてての手、ほぐし処楽や さんと、
    昨年末からはじめた
    HSP/HSCさんを知ってもらうための
    セミナー・お茶会の様子が
    朝日新聞に掲載されました!記者さんには、2時間のセミナーもまるまる受講してくださった上に、
    長時間丁寧に取材していただき、ありがたく思いました。また、「当事者だけのコメントでは説得力に欠けるので
    専門家の先生にもお話をいただけたら嬉しい♡(はぁと)」
    とお伝えしたら、真生会富山病院の明橋大二先生(診療内科)にまで
    取材いただけていました。うれしすぎます。メディアに取り上げていただけることで、草の根的に
    続けている活動も、ますます広がりを見せると思います。HSP/HSCを知ることは、きっかけにすぎません。
    ただ、HSP/HSCを知ったあとに広がる世界の大きさは
    計り知れないものがあります。HSPであることや、気質に向き合うことに気づいた私たちが
    まだ過去の常識や思い込みにしばられている人たちに
    広い世界に出るきっかけを伝えられたら、もっともっと自由で幸せな世界が広がるんじゃないかと、思うのです。どんどん拡がれーーー!!!

     

    HSPコミュニティ「みんなDOES」無料会員募集中!

    おてての手、主宰の「やすまり」さんと

    Facebookグループ「みんなDOES」でライブ配信、情報の共有をしています。

    とっても明るい場です。

    HSPさん同士、HSCちゃんを子育て中のお母さん・お父さん同士が安心して交流できる場にします。よろければ、ご登録くださいねー。

    みんなDOES参加希望

    リクエスト開催します

    ★私の町でもお茶会をしてほしい!

    ★この時間帯なら参加できるのに!

    ★まだ外出は怖い&遠いからオンラインで開催してほしい!

    など、リクエストがありましたら、お気軽にお問合せくださいね。

    HSPってなぁに?お気楽お茶会

    茨城県ひたちなか市内または、オンラインにて、随時(毎月1回程度)開催。

    HSPについて、ちょっと知りたい方、お話しませんか?

    講座ではなく、気楽にお話しできる場所です。

    所要時間90分程度。

     

    HSPについてもっと知りたい。シェア会

    茨城県ひたちなか市内または、オンラインにて、随時(毎月1回程度)開催。

    HSPとは?HSCとは?について、講座形式でお話しします。

    知識と体験談、豊富な事例をご用意してお伝えします。

     

    所要時間120分程度。

    HSPの自分を知り、トリセツを作る。:HSPワンデーセミナー

    2021年1月~:リクエスト開催

     

    個別セッション

    随時受付中。

    • HSPさんのためのお仕事なんでも相談室
    • パソコン・Web周りのご相談
    • 経営者のための作戦会議
    • 起業なんでも相談室

    それぞれ、対面(主に茨城県内)またはZoomオンラインにて対応します。

    Zoomオンラインであれば、全国各地(全世界からでも笑)からご利用可能です。

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事