機内シートには、一人ずつビデオ

ハワイへの渡航で変わっていたこと(2018.Summer)

 

 

 

 

 

ひさしぶりの海外旅行。

ハワイへ家族旅行でしたが、いろいろ変わっていたところがありましたので、

レポートします。

 

ちなみに、我が家は「格安航空券+ホテル」をHISの子会社で手配したため、

いわゆるパッケージ旅行とは異なります。

旅行会社側で教えてくれるものもあると思いますが、シェアしますね。

【準備】 渡航のためのESTAが必要。

⇒ 航空券やパスポートの他に、アメリカ本土やハワイに渡航の際には、

事前にこのESTAプログラムへの登録が必要になります。

忘れると、旅行できなくなるので、要注意!!です。

具体的には、事前に渡航する全員分(子供含む)の個人情報、渡航目的、滞在先住所、渡航中の連絡先、などをパソコンからオンラインで登録します。

一人当たり、14ドルの支払いが必要になり、クレジットカード決済できます。

家族で渡航する場合は、「グループで申請」することができます。

日本語のサイトなので、迷うことはないと思いますが、わからないときは

焦らずに、調べながらすすめましょう。

※ちなみに、オーストラリアのETASと混同しそうな名前ですね。( ´∀` )

申請代行をうたう、悪質サイトがあるそうですので、ご注意くださいね。

難しくないので、個人でも十分、できますよ。

申請完了後の領収書は、念のため印刷して渡航時にもっていったほうが良いそうです。

*我が家は、パスポート情報にリンクしているようで、提示不要でした。

申請はこちらから↓

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWPの一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。

U.S. Department of Homeland Securityの公式サイト:

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e2s1

【出国当日】成田空港で。航空会社での自動チェックイン

デルタ航空でしたが、

自動チェックイン機の使用がスタンダードになっていました。

まずは、係員の人にスタンド式の機械の前に行くよう促されます。そこで、

1.パスポートを開いてスキャンして読み込ませる

2.すでに予約してある便の航空券が出力されるので、受け取る

を、全員分、自分たちで行います。

その後、そばに立っている係員に、滞在日数やホテルを聞かれて、ようやくカウンターに行けます。

スーツケースなどの荷物を預け、引換証を受け取ります。

以上でチェックインは終了です。

出国審査

ほとんど何も聞かれず、パスポートを見せただけ。あっという間でした。

機内の過ごし方

デルタ航空はエコノミークラスでも、座席に一人ひとりモニターがあるため、

・ゲーム

・映画

・テレビ

・オーディオ

・飛行経路の画面

などが自由に選択できます。

機内WiFiは、アメリカのプログラム?が必要でしたので、使用しませんでした。

ハワイの空港での入国審査

一番むかしと変わっていたのは、ここでした。

一人ずつ、筒形の機械の前で、

・パスポートをスキャン(読み込み)。

・顔の撮影。(子供の身長に合わせて機械が自動で降りてきて、びっくり―。)

・指紋の採取(四本の指を画面において撮影)

さきほど撮った顔写真のプリントされた書類を持って、カウンターに呼ばれます。

 

家族単位で一緒に手続きできますが、

家族代表で一人、また5本分の指紋撮影をされました(なぜか、いつも私なんですよねー)。

税関で申告書を出して、荷物を引き取り、ようやく空港を出ます。

なんだか簡単になったんだか、面倒なんだか、

よくわからなかったですね。( ´艸`)

確かにデータはしっかりとれたのでしょう。

 

いろいろと変わる入国審査、安全のためなら仕方ありませんね。

Follow me!

    スポンサーリンク
    お知らせ

    HSPさん向け起業支援コース

    募集中はじめの一歩:起業準備講座

    はじめの一歩。3か月オンライン起業準備講座1期募集開始はじめの一歩バナー

    0期(2021年3月12日~6月12日)は、募集即日に満席をいただきましてありがとうございます。

    お待たせしました!1期募集スタートしました:募集中です。

    募集終了がんばらずに販売促進【起業実践コース】

    いよいよ跳ねます!3か月オンライン起業実践講座0期募集終了

    いよいよ跳ねます

    起業準備講座の続編、

    商品がすでにある方向け、

    ゆるっと販売促進・売り上げアップするための【起業実践コース】は、

      2021年6月~10月

    まで開催します(起業実践コース:0期)

    もっとも簡単で、かつ効果があるWebサイトや集客の仕組みづくりをします。

    *jimdoやリザーブストックなどから、みなさまのご希望に合わせて選択・フォローします。

    ⇒ 本格的なサイト構築は、Webコンサルメニューをご覧ください。

    2012年2月12日 HSPを知るための勉強会の様子が
    朝日新聞茨城県版に掲載されました

    やすまり@おてての手、ほぐし処楽や さんと、
    昨年末からはじめた
    HSP/HSCさんを知ってもらうための
    セミナー・お茶会の様子が
    朝日新聞に掲載されました!記者さんには、2時間のセミナーもまるまる受講してくださった上に、
    長時間丁寧に取材していただき、ありがたく思いました。また、「当事者だけのコメントでは説得力に欠けるので
    専門家の先生にもお話をいただけたら嬉しい♡(はぁと)」
    とお伝えしたら、真生会富山病院の明橋大二先生(診療内科)にまで
    取材いただけていました。うれしすぎます。メディアに取り上げていただけることで、草の根的に
    続けている活動も、ますます広がりを見せると思います。HSP/HSCを知ることは、きっかけにすぎません。
    ただ、HSP/HSCを知ったあとに広がる世界の大きさは
    計り知れないものがあります。HSPであることや、気質に向き合うことに気づいた私たちが
    まだ過去の常識や思い込みにしばられている人たちに
    広い世界に出るきっかけを伝えられたら、もっともっと自由で幸せな世界が広がるんじゃないかと、思うのです。どんどん拡がれーーー!!!

     

    HSPコミュニティ「みんなDOES」無料会員募集中!

    おてての手、主宰の「やすまり」さんと

    Facebookグループ「みんなDOES」でライブ配信、情報の共有をしています。

    とっても明るい場です。

    HSPさん同士、HSCちゃんを子育て中のお母さん・お父さん同士が安心して交流できる場にします。よろければ、ご登録くださいねー。

    みんなDOES参加希望

    リクエスト開催します

    ★私の町でもお茶会をしてほしい!

    ★この時間帯なら参加できるのに!

    ★まだ外出は怖い&遠いからオンラインで開催してほしい!

    など、リクエストがありましたら、お気軽にお問合せくださいね。

    HSPってなぁに?お気楽お茶会

    茨城県ひたちなか市内または、オンラインにて、随時(毎月1回程度)開催。

    HSPについて、ちょっと知りたい方、お話しませんか?

    講座ではなく、気楽にお話しできる場所です。

    所要時間90分程度。

     

    HSPについてもっと知りたい。シェア会

    茨城県ひたちなか市内または、オンラインにて、随時(毎月1回程度)開催。

    HSPとは?HSCとは?について、講座形式でお話しします。

    知識と体験談、豊富な事例をご用意してお伝えします。

     

    所要時間120分程度。

    HSPの自分を知り、トリセツを作る。:HSPワンデーセミナー

    2021年1月~:リクエスト開催

     

    個別セッション

    随時受付中。

    • HSPさんのためのお仕事なんでも相談室
    • パソコン・Web周りのご相談
    • 経営者のための作戦会議
    • 起業なんでも相談室

    それぞれ、対面(主に茨城県内)またはZoomオンラインにて対応します。

    Zoomオンラインであれば、全国各地(全世界からでも笑)からご利用可能です。

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事