holding-her-arms

 

小さな一歩でも、進んでいれば、いつかはたどり着けるはず、という話。

 

起業して半年。

 

こんなにノロノロと歩いていても。

気がつけば、全く違う景色が見えてきた。

 

ぱっとするような業績は、まだ残せていないし、

何もかも初めてのことなので、

いつもおっかなびっくりだ。

 

振り向けば、

1年前に自分のいた場所は、

もう霞んで見えなくなっている。

 

本当に怖いのは、困難に出くわすことじゃない。

夢への歩みを止めてしまうこと。

諦めてしまうこと。

 

本当は、びゅーん、って目的地に行きたい。

 

似たような景色が続くと

目新しいことがおこらないと、

こんなんじゃ、いつまでたってもたどり着けないんじゃないかと

不安に襲われる。

 

周りの人たちのちょっとした行動が、

すばらしく思える。

そして、自分はまだまだだと、落ち込むこともある。

 

本当は、人と比べることなんて、しなくていいのに。

 

つい、癖で比較してしまう。

同じように進もうとする。

 

もう、同じ道をみんなで横一列に歩く必要はないのにね。

 

苦しくて立ち止まっても、岩が邪魔しても、

私は、歩みを止めない。諦めない。

動き続ける。

 

昨日から、1ミクロンでも進んだら、

褒めてあげよう。

やるじゃん、わたし(≧∇≦)って。

 

できないことより、できたことに目を向ける。

昨日は思いつきもしなかったけれど、今日は取り掛かれたこと。

その積み重ねが今。

 

動いていないように見えて、ちゃんと進んでいる。

そして、それを認めて、自信に変える。

 

もし、できなかったけれど、どうにかして成し遂げたいことがあるなら、

問題をできるだけ小さく砕いて、考えてみる。

 

人に意見を聞いてみる。

 

その時、自分はこう思い、この方法がいいと思うけれど

どうしても進めないのだ、と現状についての説明をする。

 

そうすればきっと、誰かが何かのヒントをくれるだろう。

 

最初から正解をもらおうとしても、誰も教えてくれない。

 

知ってるんだから教えてよ、と思っても、そこは人。

努力しないで欲しがるばかりの人を、甘やかしてはくれない。

敬意を払って、意見をうかがう。きちんと謝礼をする。時間泥棒はしない。

そんなことをしたら、相手にとっては苦しいだけ。あとはない。

 

その一方で、

自分で考えもしないで丸投げも良くないけれど、

自分だけで考えすぎてあゆみが止まったら、元も子もない。

 

あの人に悪いから。お金もかけられないから。自分で調べる、考える。

それもいいけれど、時間もお金も有限。

あまりに滞ると、発酵してしまう。

 

さぁ、行き詰ったら、

誰かに話を聞いてもらおう。

そして、自分の中で考えも思いつきもしなかったような発想を

インストールするのだ。

 

自分の言葉で話をしているうちに、勝手に自分で気が付くこともある。

相手を信じて、たずねていこう。

 

あなたの情熱が覚めなければ、

きっと前進する日は来るし、扉は開く!

明日を信じて、参りましょう!

Follow me!

鶴と学び場は、以下の3コースをご用意しております。 ・つるさん経営コース ・かめさん起業コース ・しかさん副業/複業コース 鶴と学びコース一覧
    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事