family

人生の目的

突然ですが、

あなたの人生の目的は何ですか?

 

「 人生の目的 」。普段の生活に追われて、あまり、そんなことを考える機会はないと思います。

東日本大震災の体験

 

当たり前が当たり前でないことの気づき

私が「人生の目的」を強く意識したのは、東日本大震災の時でした。当時は、子供たちが4歳と1歳。

 

茨城県で被災して、家の中も食器棚や本棚が倒れ、食器やコップも割れて散乱してぐちゃぐちゃになり、

家からでるのもやっと。

 

車で一時間ほどの夫の実家が古い民家なので、倒壊していないか確認するために、まずは安否確認に向かいました。

 

その日に見たものは、なぜか時間が止まったような、不思議な感覚。

 

道はところどころ隆起したり、陥没したり、信号機は消えてしまい、様子をうかがいながらの走行。

走行が危険な道路を迂回していたら、近くの民家の中学生ぐらいの男の子が、車を誘導している!(驚)

 

自分のうちだけで大変なのに、なんという行動力!(きっと彼は素晴らしい大人になるね)

 

普段は1時間もかからない道を3時間ぐらいかかって、ようやく田舎の実家に到着。

それから2、3日、電気が止まり、水道の復旧には1週間以上かかった不便な生活。

すごいぞ、田舎

余震は続いてとても怖かったものの、何気に冷蔵庫の食材を使いきるために、冷凍してあった肉や魚、作り置きおかずの数々。

実は、毎日おいしいものをいただけてました。さすが実家。ありがたや。

田舎なので、ガスコンロで調理はできるし、水は井戸水や湧き水がある。夜の明かりは、ランプがある。

我が家はオール電化のマンションなので、まずエレベーターは動かないし、完全に機能停止。すごいぞ、田舎。

揺れはあるけれど、ちょっとしたキャンプ状態で。揺れもひどかったけれど、家族でいられたので、そんなに不安もない。

テレビも携帯もパソコンもない、本当に静かな数日間でした。

電気がもどってからの恐怖

実は、被災した直後よりも、しばらくたって、電気が復旧し、テレビから情報が得られるようになってからのほうが恐ろしかった。

繰り返し流される津波と原発の映像。目を疑いました。

 

恐怖の想念が世界中から届いてきた

遠く離れた家族や友人から、早く避難するようにとの電話。

もしかしたら、もう原発事故の影響によって被ばくをしているのではないか?

子供たちは、これからずっと外で遊ぶことができないのか?原爆の時のように、雨にあたったら、被ばくしてしまうのか?

全国、いや全世界から寄せられる、被災地に対する恐怖のエネルギーみたいなもの。たまらない閉塞感。

下の子はまだ授乳中だったので、女性ホルモンが不安定なのもあったのかもしれませんが、

あれほど、じわじわと精神的に追い詰められたのは初めてでした。

 

恐怖の先に

ですが、失望にくれても苦しいばかり。

そこで、ふと「私は今、確かに生きている。何が何でも子供たちを守らなければ」という思いがわき上がってきました。

 

そうだ。この暗い気分に浸っていても何も変わらない。時間を止めてしまったら、何のために生き残ったのか。

本当に大切なもの(私にとっては家族の笑顔)に気づけたことで、

これからの人生、生き直せばいいんじゃないか。

 

このまま死んでしまっていたとしたら、何も成し遂げていないじゃないか。

 

私は、何のためにこの世に生まれ、何をなすべきなのか。

あの日以来、ずっと考えています。

今日この日を生きられること自体、奇跡なのだ。

簡単に答えは出てこないけれど。

目の前にある問題。こうしたら、もっとよくなるんじゃないか?

まずは話をして、気持ちに寄り添い、分かち合うことはできるんじゃないか?

何かできることをしたい

自分にとっては、当たり前すぎて普通に思えることが

誰かの役に立つことがあるかもしれない。

自分の命を輝かせてこそ、生きている実感がわくのではないか。

そう。

人は一人では生きていけない。

この意味は、単に誰かに助けてもらわなければならない、ということだけでなく。

 

自分の価値すら、自分だけでは認められない。

人と関わることでしか、学べないことがある。

世の中にもし、たった一人、自分しかいなかったら…。

きっと、苦しみも喜びも感じられない。

生きるために生きていくことを教わった

 

わたしは今日も、自分のために、家族のために、そして世界のために生きていく。

なぜなら、それらはすべて一つ、みんなつながっていて、切り離せないものだから。

よりよい未来のために。

今日を笑顔で、精一杯生きていこう。

自分が幸せでなければ、世界を照らせない。

自分が幸せであることが、世界の幸せ。そう感じている。

Follow me!

    スポンサーリンク
    お知らせ

    HSPさん向け起業支援コース

    募集中はじめの一歩:起業準備講座

    はじめの一歩。3か月オンライン起業準備講座1期募集開始はじめの一歩バナー

    0期(2021年3月12日~6月12日)は、募集即日に満席をいただきましてありがとうございます。

    お待たせしました!1期募集スタートしました:募集中です。

    募集終了がんばらずに販売促進【起業実践コース】

    いよいよ跳ねます!3か月オンライン起業実践講座0期募集終了

    いよいよ跳ねます

    起業準備講座の続編、

    商品がすでにある方向け、

    ゆるっと販売促進・売り上げアップするための【起業実践コース】は、

      2021年6月~10月

    まで開催します(起業実践コース:0期)

    もっとも簡単で、かつ効果があるWebサイトや集客の仕組みづくりをします。

    *jimdoやリザーブストックなどから、みなさまのご希望に合わせて選択・フォローします。

    ⇒ 本格的なサイト構築は、Webコンサルメニューをご覧ください。

    2012年2月12日 HSPを知るための勉強会の様子が
    朝日新聞茨城県版に掲載されました

    やすまり@おてての手、ほぐし処楽や さんと、
    昨年末からはじめた
    HSP/HSCさんを知ってもらうための
    セミナー・お茶会の様子が
    朝日新聞に掲載されました!記者さんには、2時間のセミナーもまるまる受講してくださった上に、
    長時間丁寧に取材していただき、ありがたく思いました。また、「当事者だけのコメントでは説得力に欠けるので
    専門家の先生にもお話をいただけたら嬉しい♡(はぁと)」
    とお伝えしたら、真生会富山病院の明橋大二先生(診療内科)にまで
    取材いただけていました。うれしすぎます。メディアに取り上げていただけることで、草の根的に
    続けている活動も、ますます広がりを見せると思います。HSP/HSCを知ることは、きっかけにすぎません。
    ただ、HSP/HSCを知ったあとに広がる世界の大きさは
    計り知れないものがあります。HSPであることや、気質に向き合うことに気づいた私たちが
    まだ過去の常識や思い込みにしばられている人たちに
    広い世界に出るきっかけを伝えられたら、もっともっと自由で幸せな世界が広がるんじゃないかと、思うのです。どんどん拡がれーーー!!!

     

    HSPコミュニティ「みんなDOES」無料会員募集中!

    おてての手、主宰の「やすまり」さんと

    Facebookグループ「みんなDOES」でライブ配信、情報の共有をしています。

    とっても明るい場です。

    HSPさん同士、HSCちゃんを子育て中のお母さん・お父さん同士が安心して交流できる場にします。よろければ、ご登録くださいねー。

    みんなDOES参加希望

    リクエスト開催します

    ★私の町でもお茶会をしてほしい!

    ★この時間帯なら参加できるのに!

    ★まだ外出は怖い&遠いからオンラインで開催してほしい!

    など、リクエストがありましたら、お気軽にお問合せくださいね。

    HSPってなぁに?お気楽お茶会

    茨城県ひたちなか市内または、オンラインにて、随時(毎月1回程度)開催。

    HSPについて、ちょっと知りたい方、お話しませんか?

    講座ではなく、気楽にお話しできる場所です。

    所要時間90分程度。

     

    HSPについてもっと知りたい。シェア会

    茨城県ひたちなか市内または、オンラインにて、随時(毎月1回程度)開催。

    HSPとは?HSCとは?について、講座形式でお話しします。

    知識と体験談、豊富な事例をご用意してお伝えします。

     

    所要時間120分程度。

    HSPの自分を知り、トリセツを作る。:HSPワンデーセミナー

    2021年1月~:リクエスト開催

     

    個別セッション

    随時受付中。

    • HSPさんのためのお仕事なんでも相談室
    • パソコン・Web周りのご相談
    • 経営者のための作戦会議
    • 起業なんでも相談室

    それぞれ、対面(主に茨城県内)またはZoomオンラインにて対応します。

    Zoomオンラインであれば、全国各地(全世界からでも笑)からご利用可能です。

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事