田園風景

エンジニアを辞めて茨城移住

エンジニアを辞めて茨城移住

 

なぜ会社を辞めたのか

エンジニアだった私ですが、産休・育休を経て、あと1か月で会社復帰という状況で

都内の会社を辞めて、主人の実家がある茨城県に引っ越してきました。

 

そもそも会社に入った理由:

パソコンが使えるようになることと海外に行きたかったから

 

英文科卒のバリバリの文系(言い回しがへん?(笑))でしたが、これからはITが必要、となんとなく感じて

さらに、海外に仕事で行けるかも!という淡い期待を持ち。

 

システムエンジニアとして、通信ソフトウェア会社に就職。

途中で胆石の手術を受けたり、部署が変わったりしながらも何にでも挑戦して

少しでも海外に行ける方向にキャリアを積みました。

 

社会の中で振り落とされないように、

男性に負けないように、

16年間必死に努力しましたよー。

はじめは研究職だったこともあり、休みの日も、技術力アップのための勉強でした。

新しい技術の資料は、当然翻訳されていない原書なので、英語です。

サーバを管理するためのコマンドやプログラミングを覚えたり。

 

そのおかげで、たくさんのことを学び、なんでもやってみればできそうな気がする根拠のない自身もつき、

海外で仕事をする夢も叶えました。

 

夢は叶った。その先は?

 

一年の半分は海外出張で、夫ともなかなか会えない状態でしたが、

(なぜか私がいないと部屋は片付くー。泣)

 

仕事はとても充実していたし、楽しかった。アメリカのオフィスは、まるでテレビドラマそのものだし。

時々、小さな段ボール一つだけ抱えて出ていく、リストラ社員を見かけることもあり(^^;;

 

パリの事務所では、毎日出勤したら握手をしながらフロアを回る、とか

正規社員に採用された人がパンを買ってきてふるまう、というような謎の慣習があったりして。

 

毎日いろんな国のチームメンバーで一つのものを作り上げる喜びもあり、

現地の生活も楽しんでいたのですが。

結婚して一年たったころ、海外のプロジェクトが一時中断。

日本に戻りました。

出産後に自分より大切なものに気が付く

ちょうどそのタイミングで出産を経て、子供のいる暮らしが始まりました。

保育園も決まっていて、あと数か月で復帰、という時期に。

この子はずっと都会で育つの?

せっかくなので、と育休中に通っていた託児所完備の自動車学校の帰りに、ホームで電車を待っているときのことです。

ふっと、見ると、都内の有名私立の制服を着て、電車を待つ小学校1年生ぐらいの幼い男の子。

ぐったりと深くうなだれた首。つかれたねー。電車に乗って、これから家に帰るんだ。きっとここから一時間ぐらいだね。

そこでふと。気がついてしまった。

いま、私の胸で眠っている息子は、まだ一歳になったばかりのこの子は、このままこの都会で大きくなるの?

会社の先輩の子供たちは、公立に行かせずお受験をするのが普通。もしくは少しでもいい環境に越境入学。

それが普通でした。

「大事なわが子を守るために、いい環境を用意するのは当たり前でしょう?」

と先輩から聞いていました。

でも、でも。

さっきのあの子みたいに、まだ2,3歳からはじまる小学校受験。中学、高校、大学と。

当たり前のようにずっと続く受験戦争。

なんだか悲しくなってきて。

それって、なんのために?

自分のころとは違うって、うん、わかってる。でも、でも。

この子には、広い大地と、広い空を感じて育ってほしい。

だって、子供の時のそれは何よりの心の栄養だから。

心の原風景。知識ではなく、感覚として、四季の移り変わりや生き物に触れてほしい。

人として、命の尊さを知り、まずは触れてほしい風景や文化。残したいもの。

 

これからの私の暮らし方もこれでいいのか?

 

わたしには、ありがたいことに、会社に戻ったら管理職の道が用意されていました。

復帰はいつ?と言ってもらい、戻ればいいだけ。順風満帆。何の不自由もなく。

 

しかし、ふと、

このままでは、今までのような「がむしゃらな」働き方は厳しいことに気づきました。

ありがたいことに、働く場所も、役職も、時短勤務も、保育園の入園まで決まっていたのにね。

 

徐々に心に広がる違和感

残業と家賃の高さ

夫は、あいかわらず同じIT業界で夜中に帰宅。いつも日付をまたぎます。

新居を考えたときに、隣に建った小さな一戸建てのオープンハウスが6,500万円!!

(田舎では2,000万円あれば建つよ!)

 

 

このままでは、私たち家族は都会の真ん中で、

家賃や教育費のために働き、人として大事な何かを失ってしまう。

そして子供は、ここで土も知らずに育つの〜〜?

「 変えるなら、今しかない!」

信じがたい衝動に襲われ、

夫婦そろって潔く?会社を辞め、

人間らしい生活を求めて夫の実家がある

茨城県に移住。

移住してからの問題

そんな中、はじめは、「世界中どこにいても仕事ができたのだから大丈夫。」

と自信満々だったのに、専業主婦として過ごすうち、その後もう一人増えて、二人の男児を育てながら、感じた孤独感。

育児をしながら、残業のあるフルタイム勤務は、やはり難しく。

それでも、私の役割は母以外にもあるはず、いずれ社会の役に立つはずと、

ずっと悩みつつ、ビジネス書を読み漁っていました。

移住して良かったこと

しかし、ここでの生活は、

満員電車も、渋滞もなく。

お米も野菜もいただけたり、

水が美味しかったり、

駐車場が広いから駐めやすかったり。

ビルが低いから、

空の面積が広く感じる。

マイホームの絵

@青石ぽろみ イラストの里

公園で、子供と「雲が何に見えるか?」と

遊びながら感じたこの上ない幸福感。

 

海まで車で15分あれば行ける。

湘南や鎌倉へ行くのに何時間もかかったのが、うそみたい。

海のイラスト

 

下の子が小学校に上がると同時に、コンサルティング会社でパート勤務をはじめ、

経営を学び少しずつ社会復帰。

そしてこれからが本番

そしてようやく、独立。まだまだ試行錯誤しながらも、周囲に支えられ、

自分らしく社会へ貢献できる道が見え始めました。

好きな場所で、好きなように働く。

そんな理想を現実にする物語が

はじまりました。

Follow me!

    関連記事

    1. やっていることと、これからのこと

    2. canvaのトップ画面

      canvaを使ってチラシを作ろう

    3. 決意するシルエット

      仕事を選ぶ・うみだすということ

    4. 地上のクリスタル

      私の夢が世界平和の理由

    5. 次に叶えたい私の願い

    6. ちゃんとすること

    7. 杜の小道の写真

      若き日の自分に伝えたい、ストレスを軽くする方法

    8. family

      人生の目的(東日本大震災で気づいたこと)